渋谷の皮膚科・美容皮膚科のemiスキンクリニック松濤
渋谷駅徒歩5分 東急本店の真横 オーチャードホール正面
03-3468-3711
English available

渋谷の皮膚科・美容皮膚科のemiスキンクリニック松濤

  • HOME
  • >
  • ハイフ(HIFU)について

ハイフ(HIFU)について

今様々なところでハイフ(HIFU)の施術が増えていますが、

医療機関で受けるメリットは何でしょう。ハイフ(HIFU)について詳しく解説いたします。

医療用ハイフ(HIFU)とは

医療用ハイフ(HIFU)はHigh Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波)の略で、高密度の超音波エネルギーを使うたるみ治療機です。

ハイフ(HIFU)が世に出てくるまで、たるみの治療は外科的なものが一般的でしたが、ハイフ(HIFU)が出てきたことにより、

メスを使わずにたるみの改善ができるようになりました。

肌に当てた照射器から、皮下1.5mmの表皮層/3.0mmの真皮層/皮下4.5mmのSMAS筋膜に熱エネルギーを届けます。

1点に超音波を発生させ、照射部位を瞬間的に高温(65度~70度)にすることで皮膚の深層部である皮膚を支える土台の「SMAS筋膜」に、

ピンポイントで熱による刺激をあたえます。そうすることで自己修復が促され、コラーゲンやエラスチンが産生され、増殖されることにより、

たるみをリフトアップしてくれます。

医療用ハイフ(HIFU)の最大の特徴は、真皮層だけでなく、肌の土台となるSMAS(筋膜)層にまで、高密度のエネルギーを当てることができるということです。

真皮層だけではなく、筋膜からたるんでいる重度のたるみの方にも、この治療で土台から肌を引き締めることができるのです。

医療用ハイフ(HIFU)メリット

ダウンタイムが少ない

医療ハイフ(HIFU)は専用機器で超音波を照射するので、メスを一切使用しません。

そのため、身体への侵襲が少なく、施術後の赤みや腫れといったダウンタイムといわれる反応がほぼありません。

治療当日に予定を入れたり、直後からメイクすることもできます。

即効性がある

医療ハイフ(HIFU)は、皮膚の深い部分SMAS筋膜に直接超音波を照射します。
熱エネルギーが直接アプローチされ、SMASが引き締められます。直後から効果を感じる方が多いです。

その後1〜3ヶ月かけてコラーゲンやエラスチンが生成され続け、ハリや弾力アップ・美肌効果を実感できます。

医療用ハイフ(HIFU)デメリット・副作用

痛みがある

当院のウルトラセルQプラスは施術は強い痛みはありません

ただ頬回りや骨の近い箇所では熱い、骨に響くような痛み、チクチクするような痛み、と表現されるように感じることがあります。

我慢できないほどの痛みではないですが、気になる方は試し打ちも出来ますのでご安心ください。またパワーを調整することで痛みも調整できます。

施術後、1週間ほどで筋肉痛のような痛みが若干でる可能性もありますが、徐々に改善します。

赤みや腫れが出ることがある

施術後、人によっては赤みや腫れが出る場合があります。照射する出力が強すぎるとでやすくなります。

数日で改善することがほとんどです。当院では出力等は全て医師が一人一人に合わせて設定しますので、ご安心ください。

火傷をする可能性がある

ハイフ(HIFU)を施術するときに、よくリスクとして挙げられるのが火傷です。

熱を発生させる治療なので、出力が高すぎたり、しっかりと照射面が密着していないと美容効果に不必要なほどの火傷を起こす危険があります。

水ぶくれになったり、後に色素沈着になったりする可能性もあります。そのような場合もしっかり医師が診察、対応していきます。

火傷は早めの対処が重要です。皮膚科専門医の医師に診てもらえると安心です。

神経を損傷する可能性がある

ハイフ(HIFU)を照射する箇所を間違えることにより、神経損傷や神経麻痺を起こす可能性があります。

無知で未熟な施術者が重要な神経を照射してしまうと、このような危険があります。

滅多にあることではありませんが、施術中にしびれや違和感のようなものを感じたら、早めに施術者に伝えましょう。

通常は1ヶ月〜半年ほどで症状は改善していきます。

頬が痩せこける場合がある

頬の脂肪が少ない人や顔が痩せ型の人は、頬がこけてしまう場合があります。

そのため顔の脂肪が少ない人や、フェイスラインがシャープな人には向いてない場合もあります。

当院は医師の診察でその可能性がある場合は事前にきちんとご説明します。

紫外線の影響が出やすくなる

ハイフ(HIFU)の施術後は、肌が乾燥しやすくなってしまい、紫外線を吸収しやすくなっています。

そのため、紫外線の影響が出やすいとされていますが、施術後は日焼け止めを塗る、しっかりと化粧水などで保湿することが重要です。

ハイフ(HIFU)オススメの人

  • ・たるみが気になるがダウンタイムは嫌な方
  • ・メスを使わないでリフトアップを希望する方
  • ・目元のたるみが気になる方
  • ・ほうれい線やマリオネットラインにたるみがある方
  • ・引き締まったフェイスラインにしたい方
  • ・二重アゴが気になる方

医療用ハイフ(HIFU)はどこで受けても同じ?

ハイフ(HIFU)はメスを使わないたるみ治療としてはとても効果の高い治療です。

ただ前述でも述べたように、デメリット・副作用がいくつかあり信頼できる医師のいるクリニックで受けることが大切です。

適切な出力で照射するには、肌の状態や体質などを見極めなければなりません。

技術者のスキルも大変重要になってきます。

しっかりとした指導医のいるクリニックであれば、研修もきちんと行い人為的ミスによる副作用が起きる可能性は低くなります。

ただ経験豊富な医師、看護師でも、ハイフ(HIFU)の副作用が起きる可能性をゼロにはできません。

もし副作用が起こった際に、きちんと対応できる医師の元で施術を行うのが望ましいです。

また、エステのハイフ(HIFU)と医療クリニックでのハイフ(HIFU)の照射できる深さ、パワーは違います。

それにより効果もアップしますが、副作用を伴う可能性もあるので、信頼できる医師のいるクリニックで行うことをお勧めします。

治療頻度は?

医療用ハイフ(HIFU)の効果の持続は半年から1年と言われております。

年齢やたるみの状態にもよりますが、半年から1年に1度施術をすると効果の維持や改善に良いと思います。

治療の経過・ダウンタイムは?

施術直後から引き締まりやリフトアップの効果を実感される方が多いです。

その後治療の効果でコラーゲンが増生され、2〜3ヶ月後に効果のピークとなります。

ダウンタイムはほぼありませんが、上記で説明したような副作用が起こる可能性があります。

禁忌

  • ・施術ができない可能性のあるかた
  • ・治療部位に金属糸または金属プレート等を入れている方

・心臓ペースメーカー等埋め込み型医療機器を体内に埋め込んでいる方

・妊娠している方

・治療部位に重篤な皮膚疾患および感染症がある方

・心臓に疾患がある方

・ケロイドを有する部位およびケロイド体質の方

  • ・ヘルペスウィルスに感染している方

【以下の方はご相談ください】

・抗血液凝固剤を服用している方

・施術部位にフィラー(ヒアルロン酸など)やボトックス、または自己脂肪注入されている方

・歯にブリッジ、インプラントを施している方

・血管腫の方

・スレッドリフト、金の糸などを施術した方

料金

顔 2層 4.5mm/3mm   110,000円(税込)

顔 3層 4.5mm/3mm/1.5mm  154,000円(税込)

首 3層 4.5mm/3mm/1.5mm  77,000円(税込)

顔と首 3層 4.5mm/3mm/1.5mm  176,000円(税込)

たるみが気になってハイフ(HIFU)をご検討されてる方は、

ハイフ(HIFU)の効果はとても高い施術ですが

その分リスクもありますので施術するクリニックなどはきちんと選びましょう。


ネット予約
03-3468-3711