渋谷の皮膚科、美容皮膚科 emiスキンクリニック松濤|帯状疱疹

emiスキンクリニック松濤
渋谷駅徒歩5分 東急本店の真横 オーチャードホール正面
03-3468-3711
English available

emiスキンクリニック松濤
03-3468-3711

帯状疱疹

帯状疱疹とは

体の左右どちらかの片側に、帯のように水ぶくれ(水疱)の集まりができる疼痛を伴う病気です。

病因

水痘(水ぼうそう)の原因ウイルスと同じ水痘・帯状疱疹ウイルスが原因です。このウイルスに初めて感染したときは、帯状疱疹ではなく、水ぼうそうとして発症します。ほとんどの場合、水ぼうそうになるのは子どもの頃です。
体には、ウイルスや細菌などの異物を排除する「免疫」があり、この「免疫」によって水ぼうそうは治ります。しかし、治ったあとも水ぼうそうのウイルスは「神経節」と呼ばれる、背骨の近くにある神経細胞の集まっているところに隠れています。
水ぼうそうに対する「免疫」は、水ぼうそうが治ったあともウイルスを見張っています。このため、ウイルスは増えることができず、症状が出ることはありません。
しかし体の「免疫」は、加齢、ストレス、疲労などにより弱まります。
すると、隠れていたウイルスが活発になり、神経節の神経に沿って皮膚や神経を攻撃しながら増え始めます。これが帯状疱疹です。

症状

まず神経痛のような痛みが起こり、その4、5日後に同部位に虫に刺されたような赤い発疹ができ、次第に水疱に変わります。
その後、膿疱(水疱が化膿してうみをもつ)、痂皮(かさぶた)となって約3週間で治ります。
免疫力が非常に落ちていると、全身にみずぼうそうと同じような発疹が現れることがあります。
まれに、深い潰瘍を形成し、痕になってしまうこともあります。
痛みは、まったくないものから、夜も眠れないような激しい痛みなどさまざまですが、発疹が治っても半年から数年以上痛みが続くことがあります。これを帯状疱疹後神経痛といいます。
あごや耳から首にかけてできる帯状疱疹は、ラムゼイ・ハント症候群といって、難聴、顔面神経麻痺や味覚障害を合併することがあります。
性器にできる帯状疱疹では、便秘になったり尿が出づらくなってしまうこともあります。
患者さんのうち約1%の人は、2回以上、帯状疱疹になります。

治療

早期の場合は、抗ウイルス薬(ゾビラックス、バルトレックス、ファムシクロビル)と鎮痛剤の内服が基本の治療ですが、重症の時は入院し、抗ウイルス薬の点滴静脈注射を行います。痛みが激しい時や麻痺がある場合は、副腎皮質ステロイド薬も併用します。
膿疱や潰瘍ができる時期になると抗ウイルス薬は効かないため、できるだけ早く投薬を受ける必要があります。早期の抗ウイルス薬の投与で、帯状疱疹後神経痛を予防できるといわれています。
水痘ワクチンを50歳以上の人に接種すると、帯状疱疹や帯状疱疹後神経痛の予防になるといわれています。

注意点

できるだけ早期に皮膚科を受診し、抗ウイルス薬を処方してもらいましょう。はじめはひどくなくても、あとから悪化することがあります。坑ウイルス薬は内服後3日目から効いてきます。
また、みずぼうそうにかかっていない人にはうつしてしまうこともあるので、治るまではなるべく接触を避けましょう。


ネット予約
03-3468-3711