渋谷の皮膚科、美容皮膚科 emiスキンクリニック松濤|接触皮膚炎

emiスキンクリニック松濤
渋谷駅徒歩5分 東急本店の真横 オーチャードホール正面
03-3468-3711
English available

emiスキンクリニック松濤
03-3468-3711

接触皮膚炎

接触皮膚炎とは

接触皮膚炎とは、外部から皮膚に接触した物質により引き起こされる皮膚炎の総称です。接触皮膚炎は、その成因により刺激性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎に大別されます。前者は、化学物質それ自身の細胞毒性、あるいは、組織障害性により生じる皮膚炎です。後者は皮膚から侵入した抗原に対する免疫反応です。

原因

化粧品、洗剤、化学薬品など職場、家庭環境下のほとんどすべてのものが原因接触源となります。
我が国で頻度の高いアレルギー性接触皮膚炎の原因物質として、クロム、ニッケル、コバルトなどの重金属類(皮革製品、セメント、メッキの製装身具などに含まれる)、漆、さくら草、ランなどの植物、パラフェニレンジアミン(毛染料)、香料、医薬品(外用薬)、防腐剤(パラベンなど)が挙げられます。

症状

外来刺激物が接触した部位に一致した比較的境界鮮明な湿疹反応を示します。湿疹反応に対する掻く行為によって刺激物が散布され、湿疹反応が散布性に見られることもあります。また外来刺激物の接触様式が限局性か、びまん性かによっても湿疹反応の分布が異なってきます。刺激物が広範囲に作用すると、作用を受けた部位全体に湿疹反応を示すとともに、発熱、全身倦怠感などの全身症状を示します。刺激が弱い場合には軽度の赤みと皮膚剥けのみで終わりますが、刺激が強い場合には皮膚壊死をきたし、潰瘍形成に至ることもあります。刺激が繰り返し加えられると、皮膚が厚くなり硬く黒ずんできます。
接触アレルギーに感作されている人が、そのアレルゲンを吸入したり注射されたりすると、全身にわたる中毒疹に似た反応をきたします。
毛染料に夜アレルギー性接触皮膚炎は湿疹反応として症状を示しますが、繰り返されるとアナフィラキシーショックを起こすこともあり注意が必要です。

検査

問診による接触源の調査と、それに基づく貼付試験
貼付試験とは接触源を希釈したものまたは原物を、貼付用絆創膏につけて皮膚に48時間貼ります。48時間後、72時間後、1週間後に判定を行います。

治療

  1. 接触源の決定と除去
  2. ステロイド外用薬の塗布
  3. 痒みに対して抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬の内服
  4. 症状が強い場合にはステロイドの内服

ネット予約
03-3468-3711