渋谷の皮膚科、美容皮膚科 emiスキンクリニック松濤|虫刺症(虫さされ)

emiスキンクリニック松濤
渋谷駅徒歩5分 東急本店の真横 オーチャードホール正面
03-3468-3711
English available

emiスキンクリニック松濤
03-3468-3711

虫刺症(虫さされ)

虫刺症(虫さされ)とは

虫刺症(虫さされ)は、とても日常的な皮膚病のひとつです。 蚊、ブヨ、ノミ、ハチなど、身近なが原因となることが多く、完全に予防することはなかなかむずかしいものです。

病因

それぞれの虫に特有の毒成分や、唾液に含まれる成分が私たちの皮膚に注入され、これらの物質によって生じるアレルギー反応です。

症状

虫に刺されると、赤い発疹、かゆみ、痛みなどの炎症症状がみられます。
すぐに起こる症状が「即時型反応」、2~3日たってあらわれた症状が「遅延型反応」です。
蚊の場合、乳幼児は遅延型反応のみ、幼児期から青年期(15~24歳)は即時型反応と遅延型反応の両方、青年期~壮年期(25~44歳)からは即時型反応のみが出現し、高年期(65歳以上)はどちらの反応もあらわれにくくなるとされていますが、個人差が大きく、人によって症状のあらわれ方は異なります。

治療

虫さされの症状や部位に合わせてステロイド剤の塗り薬を使用します。
また、全身に及ぶ症状が出ている場合には抗アレルギー剤の飲み薬も併用します。
更に、患部の痛みが強い場合は鎮痛剤、その部分を搔き壊して細菌感染した場合は抗生物質を処方する事があります。

注意点

発熱や倦怠感などの症状が出てくる場合は、虫が媒体する感染症の可能性もありますので、虫さされの後にそのような症状が出てきたら早めに受診して下さい。


ネット予約
03-3468-3711