渋谷の皮膚科、美容皮膚科 emiスキンクリニック松濤|伝染性紅斑(リンゴ病)

emiスキンクリニック松濤
渋谷駅徒歩5分 東急本店の真横 オーチャードホール正面
03-3468-3711
English available

emiスキンクリニック松濤
03-3468-3711

伝染性紅斑(リンゴ病)

伝染性紅斑(リンゴ病)とは

伝染性紅斑とは、幼児〜学童期の小児にみられるウイルス性疾患です。
伝染力は弱く流行の規模も小さいですが、極めて稀に全国的な流行も見られます。
乳児や成人の発病は稀です。
流行は冬期に多いですが、季節的変動はあまり著明ではありません。

病因

原因ウイルスは最近に至りヒトパルボウイルス(HPV)B19と確定されました。
気道分泌による飛沫感染です。

症状

感染後7〜11日後に咳・くしゃみ・鼻汁など軽い上気道炎症が出現する事もありますが、このような症状のみられないこともあり、皮膚症状が出現して初めて発病に気付くのがむしろ普通です。
皮疹は顔面から始まり、両頬にびまん性紅斑を生じ、その形は「蝶型」あるいは「平手打ち様」と形容されることがあります。
ついで四肢に紅斑を生じます。上腕伸側、大腿伸側、さらに前腕、下腿にまで及ぶ事もあります。不明瞭なびまん性紅斑のこともありますが、網状紅斑(レース状網目様紅斑)が多いです。
紅斑は約2週間の経過で消褪しますが、寒冷にさらされると増強したり、再熱したりすることがあります。
粘膜疹のみられることは少ないです。

治療

対処療法を行うにとどまりますが、特に治療を要しないことの方が多いです。


ネット予約
03-3468-3711