渋谷の皮膚科、美容皮膚科 emiスキンクリニック松濤|単純ヘルペス(口唇ヘルペス)

emiスキンクリニック松濤
渋谷駅徒歩5分 東急本店の真横 オーチャードホール正面
03-3468-3711
English available

emiスキンクリニック松濤
03-3468-3711

単純ヘルペス(口唇ヘルペス)

単純ヘルペス(口唇ヘルペス)とは

単純ヘルペスウイルスの感染により皮膚や粘膜に小水疱やびらんを形成する疾患です。一度感染すると、ウイルスは体内の知覚神経節に潜り込み、一生そこにすみつきます。そのためしばしば再発をくり返します。

病因

「単純ヘルペスウイルス」というウイルスが感染して起こり、発疹や水ぶくれなどの症状が現れます。
ウイルスには1型と2型の2種類があります。1型は口の周りや顔面など上半身に発症することが多く、2型は性器や下肢など主に下半身に症状が出るといわれています。

症状

初感染の場合は、感染後4~7日で感染部位が赤くなり、のちに水ぶくれがたくさん現れます。その近くのリンパ節がはれて痛みを伴い、発熱、倦怠感、頭痛なども伴います。約2~4週間で治ります。
乳幼児では、ヘルペス性歯肉口内炎といって、口腔内に多数の口内炎ができることがあります。
発熱、ストレス、過労、日焼けなどにより個体の抵抗力が低下するとウイルスが再活性化し、皮膚症状を再発します。
再発の場合は、感染部位が初めは痛がゆくなり、数時間後に赤いぶつぶつや小さな水ぶくれが数個現れます。やがて破れて、じくじくしますが、かさぶたとなり、1~2週間で治ります。

治療

一般的な治療としては、抗ウイルス薬の外用薬や内服薬を用います。
いったん体内に入った単純ヘルペスウイルスを完全に排除することはできません。しかし、薬を用いることによって、ウイルスの増殖を抑えることは可能です。適切な処置をするのが早ければ早いほど、症状は軽くてすみます。再発の前兆を感じたり、症状が出てきたりしたら、できるだけ早い時期に治療を始めてください。


ネット予約
03-3468-3711