渋谷の皮膚科、美容皮膚科 emiスキンクリニック松濤|オムツ皮膚炎

emiスキンクリニック松濤
渋谷駅徒歩5分 東急本店の真横 オーチャードホール正面
03-3468-3711
English available

emiスキンクリニック松濤
03-3468-3711

オムツ皮膚炎

オムツ皮膚炎とは

オムツをしている部位に発症する湿疹、皮膚炎。
俗に言う「オムツかぶれ」。

頻度

オムツをしている乳幼児の約半数がオムツ皮膚炎を経験していたとも。
特に生後2〜3ヶ月と1歳前後に多い。

病因

尿や便による角質のふやけとアンモニアによるアルカリ化、細菌が産生するリパーゼなどによって、表皮のバリア機能が低下して生じる刺激性皮膚炎。

症状

オムツに覆われた部位に赤みが見られ、時に小さな水ぶくれや皮膚剥けがおきます。

検査

カビの一種であるカンジダが寄生していないか検鏡や培養を行います。

治療

布おむつより紙おむつを使うようにして、紙おむつでも頻回に交換し濡れタオルで清潔にするようにします。
軽症では皮膚の保護や軽い消炎にワセリンや亜鉛華軟膏などを使用します。
これらでも軽快しない場合や症状が強い場合にはステロイド外用薬を使用します。


ネット予約
03-3468-3711